予想が当たってしまった。

先生を車で送り届けた男性、
【彼氏】
だった(゚∀゚)

事前に
『着く時間が分かったらまた連絡するね』
と来たから、道路状況によって予定時間より遅くなるかもなーと、この際諦めて、庭作業の準備と玄関掃除。

しばらくして車が2台、家の前を通り過ぎるたのは分かったんだけど、顔はあげずにホウキをかけてて、同じく庭に出ていたちーこが一台の車の後を追いながら『先生来た』と。

荷物下ろしを手伝う“男性”、会釈で挨拶はしたけどそそくさと去ってしまった←隣家の前に路駐だったしね(^^;)

で、先生の方から
『彼氏です』
と紹介。

我々に対して、“友達”と誤魔化さずに“彼氏”と言ってくれるんだ!

熊が『お茶でもと思ったけど』と咄嗟に返したら
『あー、いい、いい。すごい照れ屋だから』

あらあら〜♥

以降、庭作業中、休憩中、ほぼ彼氏についての話は無く(笑)
夕飯時にめずらしく残した先生がチョロっと
『いやお昼ごはんを持ってきてくれちゃって』
と告白してきたから
『へー!何作ってくれたんですか?』
『カレー3種』
『3種!?カレーを?なかなか無いですよね。私一種が限度だなー』
『料理すごい好きなのよ…』
『いいなあ!羨ましい!胃袋掴まれる!』

『おいくつの方なんですか?』
『いっこ下』
『年下かー。』

そこから熊と先生の兄妹の話に逸れてそれきり。

それでもちょいちょい、桃を持ち帰ってもらうのに『今日はもう彼氏さんは家に来ないんですか?』
『来ない』
『なんだ、来るなら彼氏さんの分も桃と思ったけど』
とか、探り探りではありつつ、“深堀り”はできず。

彼氏について分かったこと
・いっこ下
・料理好き(相当)

まあ、うちらが余計に詮索しない人たちって安心してる(?)からこそ、“彼氏”紹介をしてくれたのかもしれない。

昨日まで様々な妄想で夫婦でかなり盛り上がってたんだけど(笑)

熊の感想
『今日の先生はいつもより明るかったよね』

え!そうだった?(・.・;)

あ、カレーの話は『3種も…』って困ったような口ぶりで、顔は嬉しそうだった。

惚気か⟵(๑¯◡¯๑)
先生、乙女♪
だから髪伸ばしてるんだな。

いろいろ、なんだか嬉しい日だった\(^o^)/

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(02.22)
(untitled)(02.21)
(untitled)(02.20)
(untitled)(02.19)
(untitled)(02.14)
(untitled)(02.09)
(untitled)(02.07)
(untitled)(02.03)
(untitled)(02.03)
(untitled)(02.02)
RECENT COMMENTS
TAGS
"COSMIC" "YUKI LIVE" 歯医者
ARCHIVES
RSS
RSS