ネットで物件検索してその都度不動産屋が代わるのが、こちらの資金状況も含め説明が面倒になったので、熊に「不動産屋を一社に絞ろう」と提案。
探すエリアを変更して以降に会った不動産屋3軒の中で一番頼りがいのある感じのUちゃん(←夫婦間のみでの勝手な呼び名)にある程度頼りきることにした。

フィナンシャルプランナーから不動産業に転職した、なんとも心強い響きの職歴を持つUちゃん。
兄弟は車屋で板金修理も請け負えるとか(笑)


日曜日、夕方からUちゃんと内覧予約を入れていたんだけど、事前情報でうちの近所で16区画分譲の販売があると聞いて、時間あるし歩いて行けるし、どんな土地かだけ見に行った。

「この区画だったらこの場所かねー」とか話しながら突っ立ってたら、車が一台敷地内に入って来た。
すぐ不動産屋だと分かって、降りてきた営業の若いおにーさんが「もし質問とかあれば・・・」と話しかけてきた。
他のお客さんと現地待ち合わせのために早めに来てるのかと思ってたので、まあ、彼の時間つぶし程度に相手をしていた。←主に熊が(笑)

そしたらその営業、今まで出会った不動産屋の営業の中でダントツに押しが強かった。
この分譲区画のオリエンテーションを受けられるから今からどうですか?と聞かれたので、熊が「この後他の不動産屋さんと内覧の予約を入れているので無理です」と答えたら

「良かったらその夕方からの内覧の物件もボクがご案内しますよ。オリエンテーションの後そのままその現場に一緒に行きますから」

他のお客さんとの待ち合わせじゃなかったんかい!

熊が「それは向こうに失礼なのでできません」と即答して、にーちゃんがすぐ引き下がったからまだ良かった。
なんとなく初めから良い印象が無くて、まあでも時間つぶし程度に相手にしていただけだからと気にしてなかったけど、このセリフを聞いて最悪の印象まで堕ちた。
いくら仲介手数料半額にすると言っても、試しに釣ってみる対象にする年齢の夫婦じゃないぞ??
素人の私ですら猜疑心しか芽生えない。

つーか、何しに来た?

っていう疑問を、Uちゃんにその出来事を話し交えて聞いたら
「それ、ゲリラです。その日仕事が無い社員が適当に販売現場を周って、横取り営業するんです。大体そういうのは仕事ができない暇な人が周ってるはず・・・。業界ではルール違反なんですけどね」

へええええ。
ゲリラかあ。
見境のない押しっぷりが【歩合制】を背負ったような子だったもんなー。
憐れ。


もうね、そんなことよりもね、いい加減家を決めたい。
相変わらず熊の言動に振り回されてますよー(-。-)y-゜゜゜
前のめりのような態度を見せるから、いざちょっと進めようとすると二の足を踏む、の繰り返し。
疲れてますよー(-。-)y-゜゜゜

男としての格が下降の一途を辿っていることに熊は気付いていない。
私がせっかちだって言える域を超えた。
こんなにも“決められない男”だとは・・・

いつ見限っていいかな(-"-)?

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(04.20)
(untitled)(04.19)
(untitled)(04.12)
(untitled)(04.08)
(untitled)(04.06)
(untitled)(04.03)
(untitled)(04.02)
(untitled)(03.30)
(untitled)(03.29)
(untitled)(03.28)
RECENT COMMENTS
TAGS
"COSMIC" "YUKI LIVE" 歯医者
ARCHIVES
RSS
RSS