ボイトレK

苦行の回【録音と試聴】
『お前なら大丈夫だ!やれる!耐えられる!(主に試聴の方)』て、めっちゃ自分を鼓舞して挑む(笑)

2回目だけど、やはり嫌なものは嫌ですな┗(-_-;)┛
嫌すぎる。

まずは『君が思い出になる前に』
こちらは試聴までスムーズに終了。

続いて『tears』
録音前に音確認で歌わされてる最中、先生に肘を上げられてマイクの持ち方を垂直持つように変えられた。
一曲目のときは縦に持ってたんだけど、マイクを垂直にした方が音がキレイに聴こえるらしい。
ってことで録音開始。

が、冒頭の英語が終わるくらいのところでいきなり音が飛ぶ。
(私がリズム間違えたのかと焦ったよ(>_<)

先生の口から出てきたセリフが
『(あなたの歌が)機械に拒否られてるわ…』

ぶはっっ(爆笑)

『え…じゃ中止しときます?』
軽くスルーされ、CDの裏を拭いて再セット。
『…はい、もう一回』

チッ

機を取り直して2回目。
が、半分まできてまた音が飛ぶ。
無理やりそのまま通そうとおもったけど、どこのメロディか分からず断念。

『また拒否されたわね…そんなに嫌なのかしら(笑)』
『えー( ノД`)…』
『今日湿気が多いのもあると思うんだけど…もう一回いける?』
『大丈夫です』

三度目の正直≒二度あることは三度ある

最後のサビに入る直前に、今度は音がぶっつり切れる。

(笑)

『はい、オッケー』
強制終了。

『実際機器が古いのもあるのよね。ただ、初めて出た現象がよりによってあなたの時に(笑)』
『マイクの持ち方変えたから、音が直過ぎて拒否ったんじゃないですか?』
『あ…そっか。スピッツの方は問題なかったもんね。まー、機械が古かったのが原因てことにしときましょ』

リビングでレッスン代を渡したら、『なんか、うまく録れなかったし、申し訳ないからこれ』って千円を返そうとしてきた。
びっくりしちゃって
『いや、そんなんいいですから(;・ω・)』

去り際に玄関で再度謝られて
『私には不幸中の幸いですよ★』ってバッサリぶったぎってきた(笑)
毒舌言われ放題なのがシャクになってきたぜ\(´O`)/


さて、また新しい曲でガンバルかーΨ( ̄∇ ̄)Ψ

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(12.06)
(untitled)(12.05)
(untitled)(12.04)
(untitled)(12.01)
(untitled)(11.28)
(untitled)(11.24)
(untitled)(11.13)
(untitled)(11.08)
(untitled)(11.07)
(untitled)(11.02)
RECENT COMMENTS
TAGS
"COSMIC" "YUKI LIVE" 歯医者
ARCHIVES
RSS
RSS