【時には昔の話を】

昨日は先生のライブ。

前回よりも歌詞がポジティブな歌(←先生オリジナル+カバー)ばかりの選曲だった。
…なんかいいことあったのかな?

自分自身ツンデレなのかなんなのか、あまりこう…なついて近づけないし話しかけられないし、かといって先生から来てくれても気の利いたことも言えなくて、熊に任せて私は一歩二歩引いてしまう。

自分の内ではすごく楽しんでるんだけどね。
それを表情や態度からかもし出せない(^_^;)
熊が一人で持ってた世界に首つっこんだ身だからかな…。

あ…この辺掘り下げたら闇に入っちゃうから止めとこう。


少し前から次の課題曲をボンヤリ考えてて、なかなかピンとくるものがなく、アニソン関係まで範囲広げたとこに出てきたのが【紅の豚】のエンディング。
タイトルの曲。

ジブリ作品で【紅の豚】が総合的に一番好きなので。
ナウシカは殿堂ゆえ、ノーカウント。

あとは覚悟を決めるのに、私に加藤登紀子をこなせるかどうかを自問自答で協議中だった……のに

先生がラストに歌ったのが、これだった(T_T)

先生〜〜orz
なぜ今日なんですか…(´Д`)
あれの後で無理だって……

熊曰く、先生はこの曲が好きでこれまでもライブでけっこう歌ってるらしい。

あ〜…そっすか(´Д`)
こっちはまた振り出しだっつの。

オカマのシャンソンの衣装が男っぽかった。
私好みのスタイルだったな…
そもそもオカマなのかどうかも不明(笑)
昨日のライブで、熊は完全にフラレたと思った。
一切熊を見ようとしないし、あからさまに他の男性に向けて歌ってた。

私来ない方がいいかしら…(@_@;)


前座のババアも健在で相変わらず話が不思議ちゃん。
先生とシャンソンを『不思議な魅力と妖艶さ』と表現してて、先生を摩訶不思議な人と言っていたけど

いやいや、あなたが一番摩訶不思議ですからヾ(・・;)

ツッコミポイント満載なババア(笑)

シャンソンと先生と伴奏のマダムの三人の写真が、シャンソンのブログにアップされてたので、こっそりゲット。

はあ、楽しかった★

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(04.20)
(untitled)(04.19)
(untitled)(04.12)
(untitled)(04.08)
(untitled)(04.06)
(untitled)(04.03)
(untitled)(04.02)
(untitled)(03.30)
(untitled)(03.29)
(untitled)(03.28)
RECENT COMMENTS
TAGS
"COSMIC" "YUKI LIVE" 歯医者
ARCHIVES
RSS
RSS