桃。

桃狩りバスツアー。

前回のさくらんぼ狩りと同じ会社のツアーで、廻るところが半分は同じ(^_^;)
そして前回は一番後ろの席で、居心地があまり良くなかったので『一番後ろはヤダね・・・』と話してたら、今回なんと、、、

一番前

そりゃ一番後ろは嫌だっつったけどさ、極端過ぎ(∋_∈)

朝も渋滞にハマって時間は押していたけど、夕方まで7ヶ所バタバタと過ごし、三連休の半ばってことで予定時刻の帰宅はできないだろうことは予約したときから予想。

添乗員が、シーズンのせいで急きょ添乗に駆り出されたと言うおじさんだったんだけど、この人自身がドライブ好きなのか仕事であちこち車で回ってる故の経験値からなのか、運転士さんと協議しながら帰りの高速渋滞を少しでも避けるために考えついた経路がすげえマニアックだった。
*ちなみに、もし渋滞解消すれば途中で乗ろうとしていた中央道は、渋滞25キロ以上がしばらく解消しなかったらしい。

添乗員さんが選んだ経路は【道志みち】

客の中で数人のおじさんが知ってて『ああ、あれね』と・・・間違った道ではないらしい。
狭い田舎道を走り、外も暗くなってきたころ道志みちの入り口にさしかかったとき、後ろから
『昔は整備すらされてなかった道なんだよな』
『これ覚悟したほうがいいよ』
『酔い止めねえか?』
という囁きが聞こえてきた。

ただの道ではないだろうとは思ったけど、そんなにか!?

そしたら、ホントにヤバかった;
乗用車ならまだしも、外灯もない暗闇の山道を、大型観光バスでアレは・・・・・キツい(@_@;)
対向車が一切なかったのがものすごく幸運だった。
カーブでの側溝を避けながらのとこはハラハラして、一番前もそれはそれで怖くて頭クラクラして気持ち悪かったけど、かといって、一番後ろは私一発でアウト(←吐く)だったと思う。

己の道の知識を総動員した添乗員さんもだけど、称賛すべきはドライバーさん。
道志みち抜けたときは心の中は拍手喝采。

後で調べたら、道志みちも選択肢としてダメなこともあるらしいが、今回は添乗員さんの勝算あり。
駅に着いたのは夜10時半。
添乗員&ドライバーに拍手〜★

熊は桃を6個むさぼり食い、目標だった8個をクリアできず悔やんでいたので
『熊さんでも老いには勝てないのね』と追い討ちをかける私(笑)
私はやはり2個目の途中で飽きて、熊に譲渡。

つか、それまでにやたら食ってお腹いっぱいだったし。
熊なんて、これから昼食会場に向かうっていう時に、車中で朝出たサンドイッチ3つ食べ、試食プレゼントとしてもらった"みそ椎茸"をつまみ、漬物屋でキムチを試食し、あげくにコンビニで買ったM&Mチョコまで食べようとしてたから、さすがに制止。
最後に桃6個食っただけでもすごいわ。

本能のままに生きる熊。

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(03.25)
(untitled)(03.20)
(untitled)(03.16)
(untitled)(03.12)
(untitled)(03.11)
(untitled)(03.10)
(untitled)(03.09)
(untitled)(03.09)
(untitled)(03.08)
(untitled)(03.06)
RECENT COMMENTS
TAGS
"COSMIC" "YUKI LIVE" 歯医者
ARCHIVES
RSS
RSS