ぬか喜び。(続き)

実家に着いたのが遅くなってしまったため、かーちゃんに事の顛末を話し始めようとしたら、とーちゃん帰宅。
別にひた隠しにしたいわけじゃないし、もう居てもいいや(-.-)y-~のヤケクソで(笑)話スタート。

全部さらけた。
一緒に住んでももしかしたら何もなく別れるかもしれないこともね(;一_一)
その上で『回転寿司屋でね、話をする中で、まぁそこまで希望がないわけでもないのかなって感じたから、契約の2年とりあえず一緒に住んでみるって私から言って…しまったんだけ………ど?』←恐る恐る(^_^;)
母:『いい!!住んじゃいな!!部屋代2万で貯金よ!それに一緒に住んで分かることもある!』

えええええ(@_@)!?
『そんな無意味なこと止めなさい』って絶対言われると思ったのに。
さらに『今の時代、いろんな形があるんだから、もし2年経ってそれでもダメだったら、実家帰ってくればいいんだから。色恋沙汰も全くないまま実家に戻ってくるのはあれだけど、そういうことがあって帰ってくる分にはいいんじゃない?』

えええええ(@_@)!?
そんな理解ある人たちなの??
とーちゃんも『まぁいんじゃないのかな』

あ、そっすか。
拍子抜け。

『熊は私の親が反対するかもしれないしと思って、よく話し合えって言われたんだけど、えっ、何…ここの障壁あっさりクリアなわけね(;^_^A』

親子で大笑い。

ま〜あとは私がどう割りきればいいかだな。
見えない未来と分かってる中で期待を圧し殺していられるのか。
【ただの居候の彼女】として気持ちを割りきれるか。

熊は本気でただのルームシェアのつもりだったことを分かってしまっているのに、私が意地で押しかけて熊の"衣装部屋"を奪ってまで一緒に住む意義は?
それだったら、振り出しに戻ったと切り替えて今の距離のまま、週末彼女でいいんじゃないか。
そういう考えかたをするとしっくりくる…てことは無理矢理引っ越さない方がいいのかな…。

余裕のある貯金を諦めることになるのはイタイ…頭では割りきれてるのに気持ちがついてこないのはどうしようもないよね(T-T)

あるいは『ええええぃ!どうにでもなれ』と勢いで住んでみる??
かなり大きな賭け。

昨夜はいろいろなことを考えて泣き明かしました(*_*)
勘違いしてぬか喜びした自分が情けないやら悔しいやら(>_<)
まだ一年しか経ってないし熊にプレッシャーをかける気も無く気長にいこうと思っていただけに、余計自分の浅はかさを恨んでしまう。
当然、今もモンモンとしています。

いつも以上のブサイク面引っ提げての出勤です(-。-)y-~

name
email
url
comment

NEW ENTRIES
(untitled)(04.12)
(untitled)(04.08)
(untitled)(04.06)
(untitled)(04.03)
(untitled)(04.02)
(untitled)(03.30)
(untitled)(03.29)
(untitled)(03.28)
(untitled)(03.25)
(untitled)(03.23)
RECENT COMMENTS
TAGS
"COSMIC" "YUKI LIVE" 歯医者
ARCHIVES
RSS
RSS